• スポーツサポーターで怪我予防

    • 健康のためやダイエットのためにマラソンをしている人がおられます。

      初心者がいきなり走り始めると怪我の危険もあるので、無理をしないでゆっくり少しずつ走ることをおすすめします。

      スポーツサポーター関する情報選びといえばこちらのサイトです。

      走ることが続けられるようになると、体力や筋肉がつくので快適になり気分がよくストレス発散にも役立ちます。しかし長く走ったりスピードを出すと筋肉や関節に負担がかかり傷めてしまうこともあるので注意が必要です。


      怪我をしない人とすぐしてしまう人の差はいろいろありますが、その一つに原因に走っているときの姿勢があります。O脚やX脚の人は、膝関節のサイドに大きな負担がかかり傷めやすくなります。反り腰の人は走っていると腰が痛くなり、猫背の人は呼吸が楽にできませんし腰痛の原因にもなります。

      その対策として役立つものにスポーツサポーターがあります。

      サポーターといえば故障した箇所につけるというイメージがありますが、故障予防のために役立つのがスポーツサポーターなのです。


      スポーツサポーターには膝や肘など部分的なものだけでなく、上半身や下半身という大きな部分をサポートするタイプもあります。

      しかも正しいし姿勢を保持できるという機能性を持っているので、姿勢に問題がある人に大変おすすめです。



      怪我をしやすい、すぐ痛くなる場所がある、スムーズに走れないなど問題を抱える人は、上半身と下半身に姿勢が良くなり正しい動きをサポートするスポーツサポーターを使ってみてはいかがでしょう。



  • スポーツサポーターの驚く情報

    • 良いスポーツサポーターを探してみよう!

      スポーツサポーターは、装着すればどのようなものでも怪我の予防などの効果が得られると思っていませんか?しかし自分に合わないサイズのものなどを選んでしまうと、怪我を予防するために使っているつもりでも、圧迫が強すぎるなどの理由で痛めてしまう可能性もあります。痛めることがないように、選ぶときにはどのような点に注意したらいいのか把握しておきましょう。...

  • スポーツサポーターの納得の事実

    • 怪我予防に導入するスポーツサポーター選び

      スポーツサポーターは種類が豊富にあるから、スポーツの種類や怪我や故障しやすい部位などに合わせて選ぶ必要があります。膝や足首に肩や肘などは、ある程度市販されている製品からピッタリする形を選ぶことが可能です。...

  • スポーツサポーターをもっと知る・学ぼうスポーツサポーターの事

    • スポーツサポーターで怪我の防止と疲れの軽減を実現

      激しい運動をする際には、スポーツサポーターの着用をお勧めします。運動によって強い負荷が筋肉や関節にかかることで、筋肉痛・関節痛などの痛みが生じる場合や、思わぬ怪我につながってしまう場合などが想定されますが、適切にスポーツサポーターを着用することでそれらを防止することができます。...

    • 使用シーン別のスポーツサポーターの選び方

      スポーツサポーターは、軽スポーツに使うのか本格的なスポーツで使うかによって選び方が変わってきます。それに合わせて、サポートしたい部位の状態、求めるサポート力によって選んでいきます。...